2018.5.

「危険は?」

 雨が降っています。近頃は少しの雨なら傘を持たないで車まで走っていき、傘不要の雨の日になりつつあり ます。doorto doorの生活は便利だけど、なんだか味気ないし情けない。

 先日そんな雨の中、小学校の下校時の男の子達数人が傘を逆さにして大笑いしています。紺色の小さな傘の 柄を持ってコマのように回しています。うまく回って中に入っていた雨水が飛び散ります!濡れまいと飛びす さりながら、また回します。やっぱり男子だなー!そこに女の子たちが通りかかり、馬鹿みたい!というよう に脇を通り抜け、しばらく行ったところで一人が傘をひっくり返しました!!女子!お前もか!と私は言いた い。でも大人!お前もか!と言われてもいいから私もやってみたい。一瞬の面白さを察知し、後先考えずやっ てみることは子ども時代の特権だと思うのです。傘の回転で水滴が飛び散る。雨水では少ないので、水かさの 増している川に傘を突っ込んで水をもっと入れて回す。あるいは足元の溝に木の葉やゴミが吸い込まれていく。 どうなっているのか?確かめて見ないではいられない。這いつくばって溝を覗く。中で水が渦を巻いている。 科学する心の始まりです。

 でも、そんな事を言うと、「危険です」「寄り道はいけません」などという反論も返って来ます。大人の目の 届かないところで、子ども達がしていることは確かに 100 パーセント安全とはいいきれないかもしれません。 ほんの少しの間に、連れ去られ命を失ってしまう事件も起きました。では、いったいどうすれば?

 昔、父が幼い妹の手をとって、ヤカンがシュンシュンいっている火鉢のところに行きました。怯えながら見 ている私の前でその手をほんの一瞬ヤカンに近づけ、すぐにひっこめました。一瞬驚いて目を見張った妹はそ のあと大泣きに泣きました。「熱いだろう。絶対触ってはいけないよ」私も妹もヤカンには近づきません。言 われただけでは、うっかり触るかもしれない危険を認識させるためにこんな方法を取ったのですね。危ないも のを排除するのではなく、自身で危険を知ること。安全を担保しておいて危険を体験させること。昔の人の知 恵でした。

 今はどうでしょう?危険を取り除き、安全安心をモットーに!それ、本当かな?増水している川がどんな スピードで流れていたい危ないか、一緒に行って子ども達に見せとかなきゃ!!




横山眞佐子















バックナンバー

2018.4.「本と作者」
2018.3.「生きる」
2018.2.「出来る!」
2018.1.「一年の始まりに」
2017.12.「警戒警報」
2017.11.「クスの森」
2017.10.「子育て」
2017.9.「入院」
2017.7.「選書会」
2017.6.「コドモ時代」
2017.5.「ある」
2017.4.「92歳 母のこと」
2017.3.「まぶしい」
2017.2.「まぶしい」
2017.1.「凄い本」
2016.12.「思春期」
2016.11.「一瞬」
2016.10.「ニオイ」
2016.09.「おかーちゃーん」
2016.07.「こどもの時間」
2016.06.「笑顔」
2016.05.「朝の風景」
2016.04.「地震」
2016.03.「泣く」
2016.02.「土の中」
2016.01.「おしゃべり」
2015.12.「本」
2015.11.「便利」
2015.10.「ルール」
2015.09.「子どもの本」
2015.08.「鶴見俊輔さん」
2015.07.「ナリモノ」
2015.06.「マーシャ・ブラウンさん」
2015.05.「ありのままで〜」
2015.03.「松谷さん・今江さん」
2015.02.「昔話」
2015.01.「ロングセラー」
2014.12.「こどもの情景 2014」

2014.06. 2014.07. 2014.09. 2014.10. 2014.11.
2014.01. 2014.02. 2014.03. 2014.04. 2014.05.
2013.07. 2013.09. 2013.10. 2013.11. 2013.12.
2013.02. 2013.03. 2013.04. 2013.05. 2013.06.
2012.09. 2012.10. 2012.11. 2012.12. 2013.01.
2012.04. 2012.03. 2012.05. 2012.06. 2012.07.
2011.10. 2011.11. 2011.12. 2012.01. 2012.02.
2011.04. 2011.05. 2011.06. 2011.07. 2011.09.











一つ前のページに戻る TOPに戻る