2017.11.

「クスの森」

 山口県下関市豊浦町の川棚地区に大きな楠の木があり「クスの森」と呼ばれています。しかしこの森、 一本の楠の巨木で出来ています。幹の途中から大枝が分かれ、こんもりした森のよう。樹齢 1000 年以上。 楠は昔は樟脳と言われ、虫除けにタンスに入れたり、木を使って家具にしたり。枝も葉も爽やかで、 キリッとした香りで、モヤモヤした悪いものが消えていくような気持ちになります。私の一番好きな木。 国指定の天然記念物です。

 ところが、先日からこの木が大変なことになっていると、新聞にも取り上げられ、地元の人たちもな んとかしなくてはと悩んでいます。

 いつも緑の大きな枝の葉が無くなり、枯れ枝が目立って来ています。「大楠の 枝から枝へ 青あらし」 と句を詠んだ種田山頭火の大楠の青は葉の青(緑)ではなく、冬空の青が枯れた枝の間からクッキリ見 えています。

  大人になっても忘れられない絵本「おおきなきがほしい」(佐藤さとる)。どこまでも伸びる大きな木 にハシゴをかけ、小さな家を作り、台所やベットがあり、リスや小鳥と遠くの街並みを眺める。そんな 木が欲しい。今は想像。でも家の前に一本の小さな木を植えます。いつか大きな木になるように。この 木が育つには、地上だけではなく、地下で真っ直ぐ伸びたり横に生え広がったり、太いのや、毛のよう なのや、様々なやり方で植物を支え、栄養を吸い上げ、枝の先までを育てている根が大切なのです。大 きな木に育つように少年は根に水をやります。

  「エゾマツ」(神沢利子)北海道に育つ大きな樹林。空に伸び枝を広げますが、そのため地上には太陽 もあまり届かず、落ち葉が降り積もり種は地上に落ちても根を降ろす土壌がなく、なかなか育ちません。 しかし、新しい芽が一列に並んでいるところが見えます。よく見ると、朽ちた倒木が新しい命の畑にな って根を伸ばす手助けをしています。エゾマツにとって朽ちることは死ではなく再生、という希望の本。

  一つの命には限りがあるとわかっていても、共に地上にいる私たち人間にも、今何か手助けができる のではないかと、ジタバタしたいのです。自分の日常の傍にある木について、ちょっと目をとめてくだ さい。1000 年の間に人間の都合で変えて来た環境を振り返りながら。




横山眞佐子















バックナンバー

2017.9.「入院」
2017.7.「選書会」
2017.6.「コドモ時代」
2017.5.「ある」
2017.4.「92歳 母のこと」
2017.3.「まぶしい」
2017.2.「まぶしい」
2017.1.「凄い本」
2016.12.「思春期」
2016.11.「一瞬」
2016.10.「ニオイ」
2016.09.「おかーちゃーん」
2016.07.「こどもの時間」
2016.06.「笑顔」
2016.05.「朝の風景」
2016.04.「地震」
2016.03.「泣く」
2016.02.「土の中」
2016.01.「おしゃべり」
2015.12.「本」
2015.11.「便利」
2015.10.「ルール」
2015.09.「子どもの本」
2015.08.「鶴見俊輔さん」
2015.07.「ナリモノ」
2015.06.「マーシャ・ブラウンさん」
2015.05.「ありのままで〜」
2015.03.「松谷さん・今江さん」
2015.02.「昔話」
2015.01.「ロングセラー」
2014.12.「こどもの情景 2014」

2014.06. 2014.07. 2014.09. 2014.10. 2014.11.
2014.01. 2014.02. 2014.03. 2014.04. 2014.05.
2013.07. 2013.09. 2013.10. 2013.11. 2013.12.
2013.02. 2013.03. 2013.04. 2013.05. 2013.06.
2012.09. 2012.10. 2012.11. 2012.12. 2013.01.
2012.04. 2012.03. 2012.05. 2012.06. 2012.07.
2011.10. 2011.11. 2011.12. 2012.01. 2012.02.
2011.04. 2011.05. 2011.06. 2011.07. 2011.09.











一つ前のページに戻る TOPに戻る