2019.7.

「こどもの力」

 長い間続いているテレビ番組の「はじめてのおつかい」を見るともなくみていたらつい夢中になって しまった。しゅうやくん(4 歳 3 ヶ月)かなやくん(2 歳 4 ヶ月)の兄弟は 2 時間に一本しかないバスに乗っ て二人でお買い物に。お父さんの急死後、お母さんを支えていつも手助けしている長男しゅうやくん。 お父さんのお供えの花を買ってきてと、大切なお母さんに頼まれれば嫌とは言えない。しかも弟連れ。 家から離れて歩き出すこどもの足取りには決意が見える。そんなこどもの映像を見ると大人はつい感動 の涙。でも当の子どもはそれどころではない。目的を達成してお母さんを喜ばせようと一生懸命。この 二人の兄弟に更に予期せぬことが。弟がおくれながついてきながら「にいに?」と呼びかける。ハッと なったしゅうやくん。駆け戻り「にいにっていえるようになったんか。かなや!」初めての言葉を聞き 逃さず弟を褒めて認める。余裕なんてないはずなのに!と思うけれど本当はこどもの「今」はいつだっ て初めての経験だらけで、一生懸命向き合うことで全て自分の中に知恵や力となって蓄えながら前に進 んでいるのかもしれない。買い物をするという大きなミッションがあるのに弟への眼差しが優しい。

 子どもは鋭い。そして大人が常識的に一般論的に「?ではないか?」と考えていることよりはるかに 本質的な対応をする。

 先日ある学校での選書会の時、好きな本を読んでいい時間に絵本のところで迷っている女の子がいた。 お節介なおばさんはつい「読んであげようか?」と声をかけた。何気なく読んでいた時その女の子の私 に寄り添う体 の暖かさを感じてハッとなる。人間の暖かさは触れて伝わる命なんだなあと。思わず涙ぐ んで、きっと声が変になったに違いない。その子は怪訝そうに私を見つめていたが、ふと更に体を寄せ 「悲しい事あった?」と聞くではないか!

 1 週間前に母を亡くした私の心の震えを察知しての言葉なのか。素晴らしい力くれてありがとう。




横山眞佐子















バックナンバー

2019.6.「見守る」
2019.5.「体験」
2019.4.「手」
2019.3.「ブラブラ」
2019.2.「寄りかかる」
2019.1.「ありがとう」
2018.12.「踏み出す」
2018.11.「四角い」
2018.10.「凄い」
2018.9.「寄り添う」
2018.7.「怖い」
2018.6.「子どもの権利」
2018.5.「危険は?」
2018.4.「本と作者」
2018.3.「生きる」
2018.2.「出来る!」
2018.1.「一年の始まりに」
2017.12.「警戒警報」
2017.11.「クスの森」
2017.10.「子育て」
2017.9.「入院」
2017.7.「選書会」
2017.6.「コドモ時代」
2017.5.「ある」
2017.4.「92歳 母のこと」
2017.3.「まぶしい」
2017.2.「まぶしい」
2017.1.「凄い本」
2016.12.「思春期」
2016.11.「一瞬」
2016.10.「ニオイ」
2016.09.「おかーちゃーん」
2016.07.「こどもの時間」
2016.06.「笑顔」
2016.05.「朝の風景」
2016.04.「地震」
2016.03.「泣く」
2016.02.「土の中」
2016.01.「おしゃべり」
2015.12.「本」
2015.11.「便利」
2015.10.「ルール」
2015.09.「子どもの本」
2015.08.「鶴見俊輔さん」
2015.07.「ナリモノ」
2015.06.「マーシャ・ブラウンさん」
2015.05.「ありのままで〜」
2015.03.「松谷さん・今江さん」
2015.02.「昔話」
2015.01.「ロングセラー」
2014.12.「こどもの情景 2014」

2014.06. 2014.07. 2014.09. 2014.10. 2014.11.
2014.01. 2014.02. 2014.03. 2014.04. 2014.05.
2013.07. 2013.09. 2013.10. 2013.11. 2013.12.
2013.02. 2013.03. 2013.04. 2013.05. 2013.06.
2012.09. 2012.10. 2012.11. 2012.12. 2013.01.
2012.04. 2012.03. 2012.05. 2012.06. 2012.07.
2011.10. 2011.11. 2011.12. 2012.01. 2012.02.
2011.04. 2011.05. 2011.06. 2011.07. 2011.09.











一つ前のページに戻る TOPに戻る