2018.11.

「踏み出す」

 あっという間に 12 月も終わるではないか!この拙い原稿も何日もアレコレ浮かんでは消え、色々と言 い訳を考えパソコンを開けたり閉めたり。一文が書き出せなかった。

 お風呂で暖まったらいいだろうな、とわかっているのに椅子から立ち上がれない。

 どちらも踏み出し、そこに入ればホッとすることがわかっている。わかっているけどグズグズする。 逡巡し、逃げ腰になる。「りゆうがあります」(ヨシタケシンスケ 文・絵 PHP 研究所)の子どものよう に言い訳ならいっぱい思いつく。人は踏み出す前のグズグズを尊重しないとね!

 先日、小学校の選書会でブックトークの間は静かだったのに、立ち上がって本を選ぼうと一斉にみん なが動きはじめた時、一人の男の子が走り出した。するとそばにいた先生がその子をヒョイと抱え上げ まるで小さい子どもを抱っこするように胸に抱え込んだ。4 年生くらいの男の子はもう大きい。暴れてい る子をそれでも大事そうに抱える先生。そこには逃げないようにということではなく、大丈夫という優 しさと力強さがあった。体育館の隅で、みんなから隠すように抱いたままでしゃがみこむ。しばらくし たら、ほどけるように先生の腕から出てきた少年は遠巻きながらみんなのほうに歩いていった。

 何かに踏み出す時の誰でも持っているためらいや不安、面白いとかワクワクするとかの前向きの気持 ちだけではなく、チョッピリ後ずさりしたくなることがある。この少年はそれが他の人より大きい。周 りの変化を受け入れるのに心がついていかない。先生は抱きしめる、という事でその子自身の一歩を待 たれたのだろう。素敵な先生に出会えた。

 する事なす事すべてが初めての体験を重ねながら成長していく子ども時代。誰もが簡単には乗り越え ていないのだと思う。ノロノロ、オロオロの時もあれば突っ走っている時もある。大人になっても然り。 言い訳はいいから早く原稿を!と思っている矢先、沖縄辺野古の埋め立てが強引に行われた。「一番は 普天間の安全」と迷いなく言うが本当かな?沖縄の人たちが、どんなに悩み逡巡し、1 日 1 日を生きてき たか考えているのか?迷いや後戻り、やらない決断だって必要だと思うのだが。

 良いお年を!




横山眞佐子















バックナンバー

2018.11.「四角い」
2018.10.「凄い」
2018.9.「寄り添う」
2018.7.「怖い」
2018.6.「子どもの権利」
2018.5.「危険は?」
2018.4.「本と作者」
2018.3.「生きる」
2018.2.「出来る!」
2018.1.「一年の始まりに」
2017.12.「警戒警報」
2017.11.「クスの森」
2017.10.「子育て」
2017.9.「入院」
2017.7.「選書会」
2017.6.「コドモ時代」
2017.5.「ある」
2017.4.「92歳 母のこと」
2017.3.「まぶしい」
2017.2.「まぶしい」
2017.1.「凄い本」
2016.12.「思春期」
2016.11.「一瞬」
2016.10.「ニオイ」
2016.09.「おかーちゃーん」
2016.07.「こどもの時間」
2016.06.「笑顔」
2016.05.「朝の風景」
2016.04.「地震」
2016.03.「泣く」
2016.02.「土の中」
2016.01.「おしゃべり」
2015.12.「本」
2015.11.「便利」
2015.10.「ルール」
2015.09.「子どもの本」
2015.08.「鶴見俊輔さん」
2015.07.「ナリモノ」
2015.06.「マーシャ・ブラウンさん」
2015.05.「ありのままで〜」
2015.03.「松谷さん・今江さん」
2015.02.「昔話」
2015.01.「ロングセラー」
2014.12.「こどもの情景 2014」

2014.06. 2014.07. 2014.09. 2014.10. 2014.11.
2014.01. 2014.02. 2014.03. 2014.04. 2014.05.
2013.07. 2013.09. 2013.10. 2013.11. 2013.12.
2013.02. 2013.03. 2013.04. 2013.05. 2013.06.
2012.09. 2012.10. 2012.11. 2012.12. 2013.01.
2012.04. 2012.03. 2012.05. 2012.06. 2012.07.
2011.10. 2011.11. 2011.12. 2012.01. 2012.02.
2011.04. 2011.05. 2011.06. 2011.07. 2011.09.











一つ前のページに戻る TOPに戻る