2018.2.

「出来る!」

 運動が苦手。幼稚園の時からヒョロヒョロと背だけは高かったので、並んで行進の時は一番前。運動 会の先頭なのに、どうしても右手と右足が一緒に出てしまう。何度も注意されると緊張してますます訳 が分からなくなり、あまりのギクシャクに、当日母が赤面したそうだ。ボールがこちら向きにくるのも 怖い。走るのも変。マットも鉄棒も跳び箱も苦手。チョット出来たのは障害物競技と木登り。 児童精神科医の佐々木正美さんが「子どもをそだてるときに、もっとも大切なことは、子どもの心の 内に、生きていくために必要な「根拠のない自信」をたっぷりと作ってあげること」と書いておられ、 はたと気がついた。

 物心ついた時、私は庭のモミジの木に登っていた。サルスベリの木に登っていた。大きな楠に登った。 屋根の上にも登った。最初にモミジの木の上に乗せてくれたのは父。自分で登ったのではないけど、も のすごく得意で嬉しかった。それからは「高いところは得意」という根拠のない自信で今に至る。まだ 落ちた事はない。

 小学校の運動会ではいつもビリ。走っている顔を見るのが不憫と母から言われてから、ますます走る のが苦手になった。ところが 6 年生の障害物競走でなぜかトップ。脱脂粉乳の入っていたドラム缶を通 り抜けるのに人より背が高かったのが幸いしたのか?一等になり迎えられた母から「まさこは障害物が 得意なんだね」の一言で今でも得意と思い込んでいる。

 生きていて、仕事をしていて、何だかんだと困った事があると「根拠のない自信」で「私、障害が得 意だから」「ブタも木に登るのよ」と思い込んでいるのかもしれない。

 「根拠のある自信」は言ってみれば他の人と比較した時によく出来たという自信。誰かより優れてい る、競争で一等になる。勉強で一番になるといった他と比べる事が出来るということで、スポーツや学 校の勉強ではそれがつきまとう。そんな時期も来るけれど、それを乗り越えるためには、乳幼児から幼 児期に周囲の大人から無条件に受容されることかも。

 連日の平昌オリンピック一色のテレビ、新聞にチョットうんざりしつつ、真剣でしかし終わった後の 清々しい選手のインタビューに、幼い頃からきっと自分を信じる「根拠のない自信」を持っていたので はないかと思うのだが。




横山眞佐子















バックナンバー

2018.1.「一年の始まりに」
2017.12.「警戒警報」
2017.11.「クスの森」
2017.10.「子育て」
2017.9.「入院」
2017.7.「選書会」
2017.6.「コドモ時代」
2017.5.「ある」
2017.4.「92歳 母のこと」
2017.3.「まぶしい」
2017.2.「まぶしい」
2017.1.「凄い本」
2016.12.「思春期」
2016.11.「一瞬」
2016.10.「ニオイ」
2016.09.「おかーちゃーん」
2016.07.「こどもの時間」
2016.06.「笑顔」
2016.05.「朝の風景」
2016.04.「地震」
2016.03.「泣く」
2016.02.「土の中」
2016.01.「おしゃべり」
2015.12.「本」
2015.11.「便利」
2015.10.「ルール」
2015.09.「子どもの本」
2015.08.「鶴見俊輔さん」
2015.07.「ナリモノ」
2015.06.「マーシャ・ブラウンさん」
2015.05.「ありのままで〜」
2015.03.「松谷さん・今江さん」
2015.02.「昔話」
2015.01.「ロングセラー」
2014.12.「こどもの情景 2014」

2014.06. 2014.07. 2014.09. 2014.10. 2014.11.
2014.01. 2014.02. 2014.03. 2014.04. 2014.05.
2013.07. 2013.09. 2013.10. 2013.11. 2013.12.
2013.02. 2013.03. 2013.04. 2013.05. 2013.06.
2012.09. 2012.10. 2012.11. 2012.12. 2013.01.
2012.04. 2012.03. 2012.05. 2012.06. 2012.07.
2011.10. 2011.11. 2011.12. 2012.01. 2012.02.
2011.04. 2011.05. 2011.06. 2011.07. 2011.09.











一つ前のページに戻る TOPに戻る