2019.7.

「こっちからもびゅ〜〜」


 大学が行っている地域貢献のための公開講座<親子で絵本を楽しもう>に参加した。いつもなら 20 組とか 30 組とかいう大勢の親子との読みあいが主流なので、わずかに 3 組という事前申し込み による限定講座に、私はどこか緊張。場所も大学内の「星の王子様」と命名された夢のように愛ら しいお部屋で、上品なふるまいを期待されているような気がして、ソワソワ落ち着かない。

 さて、やってきた親子さん。ふたりは 3 歳でひとりが 5 歳。3 歳の子どもたちふたりはお母さん の足に後ろからしがみついて、部屋に入るのをためらっている。「さあどうぞさあどうぞ」と部屋の 中に招き入れるも、幾分私の声はよそゆきでおしとやか。お辞儀をして部屋に入ってこられたお父 さんお母さんも、情操教育のために労を惜しまない真剣なご様子で、面展台に並べた絵本たちを早 速熱心にチェック。 手遊びをやって、ちょっとしたパペット劇をやって、『まるまるまるの本』(ポプラ社)へ。

 3 人の子どもたちの小さな指がおどる・はずむ・クリッククリッククリック。だんだん呼吸があっ てきて、『うしはどこでもモー』(すずき出版)へ。3 人の子どもたちはそれぞれに、牛になりきっ て、お腹から「モー」と鳴き声をあげる。最後のページで、そこまでに登場した動物たち、いぬ、 かえる、あひる、にわとりがずらりと並んでいるのを見て、3 歳の男の子と女の子がいっしょに前 へ出てきた。それは「よくみえるように」ではなく、全員集合という感じで自分たちも集まってき たという感じだった。その瞬間にお母さんたちが「ダメよ後ろに下がって、お行儀良くして」と制 されたので、あららと焦り、いつもの「物語の風」を吹かせた。「おやおや、公園から強い風がびゅ ??」と言い、子どもたちを風の力で後ろに下がらせようとしたのだ。ところが、その風を受けた 瞬間、子どもたちは、ぱあっと目を輝かせ四つん這いになると、そのまま思い切り「ふ???っ」 っと風を吹き返した。どうだ、風さん、僕らのほうがおっきい風を送れるよと言わんばかりも、得 意げな顔。 これまで、「絵本読みの時間の中で起きたことは、絵本の中の住人として対処しよう」と繰り返し言ってきた。子どもたちが前に出てきてしまった時も、「『後ろの人が見えにくいから、 下がってください』などと、絵本の世界から降りてこないように、なるべく、絵本の中の出来事と して受け止め、風がびゅ?っとか、海の波がざぶ?んと言うようにして、自然に子どもをもとの場 所に戻してあげましょう」とアドバイスしてきた。ところが、今回は、子どもたちも物語の住人と して風を押し返してきたのだ。絵本の中の動物たちになりきった彼らの息を浴び、降参しました。 「参りました。どうか、ぼくがもっと強い風になれるよう、もとの場所にもどっておうえんしてく ださい」というと、こっくりうなずいて、ゆっくりさがってくれた。読みあいの始まる前、いつも とちょっと違う設定に身構えていたところがあったが、そうかこの子たちは常日頃から目いっぱい 愛され、なにものにも向かっていける自分を育てている真っ最中なんだと、その明るい力強さに感 じいった次第。 まだまだ、修行が足りない私。これからも訪れるであろうウフフな出会いに、心を洗いなおした ひとときでした。

 




村中李衣


















バックナンバー

2019.6.「その声にのせて」
2019.5.「はじめましての季節に」
2019.4.「強きひと」
2019.3.「ばけばけに化けた一夜」
2019.2.「まあよしとするか」
2019.1.「じいちゃんズのスーパーコミュニケーション」
2018.12.「今日の君におめでとう」
2018.11.「この子が悪いんよ」
2018.10.「この世はごちそう」
2018.09.「ひとりでもふたりでも」
2018.07.「ぼくらのスターがやってきた!」
2018.06.「わたしはそうは思わないの」
2018.05.「その指の先に」
2018.04.「ねえみなさん」
2018.03.「あそぼうよ」
2018.02.「こころとからだのしなやかな関係」
2018.01.「宇宙の楽人」
2017.11.「こころのたいそう」
2017.10.「さんまの日」
2017.9.「どうぞおつかいください」
2017.7.「土だんごころごろ」
2017.6.「ジャガイモの思春期」
2017.5.「ちんかんせんはゆく」
2017.4.「ハッピー帽子がやって来た!」
2017.3.「クモさん、おみそれしました」
2017.2.「ちいさいコンサート」
2017.1.「木に」
2016.12.「ほどほどの魅力」
2016.11.「声に包まれるんだなっし〜」
2016.10.「ばいばーい」
2016.09.「ボタンの箱」
2016.07.「とけちゃうよ」
2016.06.「新しいわたし」
2016.05.「お金って、いいな」
2016.04.「いもうとよ」
2016.03.「地上の楽園」
2016.01.「ちいさきことに」
2015.12.「あなたの声に生きるよろこび」
2015.11.「歌ごえ喫茶に」
2015.10.「決まってる?」
2015.09.「いのちのたび」
2015.08.「どうでもいいけど、どうにかしての巻」
2015.07.「声のびのび」
2015.06.「やわらかな場所」
2015.05.「はじめましてのいろいろ」
2015.03.「患者の行進」
2015.01.「読みあいファミリー」
2014.12.「ドラマチック商店街」
2014.11.「どっこい、ジャガイモは生きていた」
2014.10.「あぶらかたぶら」
2014.09.「待っててね。待ってるよ!」
2014.07.「あそびましょ」
2014.06.「羽は折りません」

2014.01. 2014.02. 2014.03. 2014.04. 2014.05.
2013.07. 2013.09. 2013.10. 2013.11. 2013.12.
2013.02. 2013.03. 2013.04. 2013.05. 2013.06.
2012.09. 2012.10. 2012.11. 2012.12. 2013.01.
2012.03. 2012.04. 2012.05. 2012.06. 2012.07.
2011.10. 2011.11. 2011.12. 2012.01. 2012.02.
2011.04. 2011.05. 2011.06. 2011.07. 2011.09.













村中李衣(むらなか・りえ)

児童文学作家
ノートルダム清心女子大学教授

絵本や児童文学を創作したり、
いろんなひとの絵本の読みあいも
20年以上続けている。


*** 著書 ***
『チャーシューの月』『行け!シュバットマン』(福音館書店)
『うんこ日記』(BL出版)
『子どもと絵本を読みあう』(ぶどう社)


読みあいについてはこちらをごらんください。













一つ前のページに戻る TOPに戻る