2018.12.

「今日の君におめでとう」


 いよいよ 2018 年も終わりが近づいた。しみじみした思いで、新幹線に乗り込む。毎週末のお約束、 17 時 51 分発岡山発新山口行のぞみ列車。

 通路を挟んだ隣の座席には、2 歳くらいの男の子とお母さんが座った。眉毛がぐっと太くてくちびるの 分厚い、やんちゃ坊主な雰囲気の男の子。お母さんはなかなかのお洒落さんで、息子にも自分とおそろ いのラルフローレンのダウンジャケットを着せて、スマホに夢中。 さて、新幹線が走り出すと、やん ちゃくんは、お母さんの膝の上によじ登ったり、ずり降りたり、壁を叩いてみたり、飽きることなく探 索を続けながら、たびたび「あっ」と驚きの声をあげる。そのたび、「ん?なに?」とついつい、目がそ っちに向いてしまう。墨書き文字の焼酎のポスターを指差し「あっ!」。イスの横の黒ボタンを指差して 「あっ!」。窓の外の流れる風景に「あっ!」。

 坊やの驚きと発見の自由旅は、新山口までずっと続いた。時折彼は、彼にしかわからない早口の専門 語を連発した。その一文は、結構長い。「あーちゃ、ぱんまんに、ちゅーらいで、ちんかんちぇん、くっ とくきててね、あじゃちゃも、じーちゃも、くでどぅだもん、ねーだ」「あっ!」「ちいーた、ちぇるわ って、ちんかんちぇん、しゃーして、うっちゅ、ちぇてもいいよ?」「あっ!」「あっ!」う?ん、未知 の言語世界。時折はさまれる「ちんかんちぇん」のワンフレーズだけは聞き取れるもんだから、目が離 せないよぉ。でも、お母さんは終始「うんうん」とうなずくだけ。それを気にする様子もなく、彼のお しゃべりは続く続く。

 やがておしゃべりとひとり旅に疲れたのか、坊やは、お母さんの膝に頭を預けて眠りかけた。と思っ たら、車内アナウンスが入り「次の停車駅は新山口ぃ?」とアナウンス。

 「起きて!起きて! 降りるよ」とお母さんが膝の上の息子を揺り起こした。

 目をこすりながら顔をあげた坊や、ぐずりもせずに、おとなしく靴を履かされ、宙を彷徨うような顔 で足を地面に下ろした。そのままふらふらぁっと一歩、二歩。おっとアブナイ、慌てて彼を支えようと 立ち上がった私の目の前で、坊やはよろけ、べたんとしりもちをついた。彼は大きな目玉を見開いて、 動かない。次の瞬間、はっきりした声で「ちんかんちぇん、つおい」と言った。

 え?え?いまなんとおっしゃいました?私の衝撃の横でお母さんが「待ってくれないからよ」と男の 子の手を掴んで床から引き上げた。彼はお母さんに繋がれたまま、「ちんかんちぇん、つおい」「ちんか んちぇん、つおい」と小さい声で繰り返した。

 おお、幼い彼にとって、これは、ひとりでうっかりこけたのではなく、新幹線という圧倒的絶対的他 者に打ち負かされた瞬間だったのか。自分がどうしたこうしたではなく、自分が対峙した世界を丸ごと 受けとめた類まれな経験、それが「つおい」という言葉に結びついたのだろう。 それまで自分の外にあった言葉とふいに出会う、そのことの積み重ねで自分ものがたりが紡がれていく。 おめでとう、おめでとう、今日も君におめでとう、と気の早いことばが口を突いて出た。

 




村中李衣


















バックナンバー

2018.11.「この子が悪いんよ」
2018.10.「この世はごちそう」
2018.09.「ひとりでもふたりでも」
2018.07.「ぼくらのスターがやってきた!」
2018.06.「わたしはそうは思わないの」
2018.05.「その指の先に」
2018.04.「ねえみなさん」
2018.03.「あそぼうよ」
2018.02.「こころとからだのしなやかな関係」
2018.01.「宇宙の楽人」
2017.11.「こころのたいそう」
2017.10.「さんまの日」
2017.9.「どうぞおつかいください」
2017.7.「土だんごころごろ」
2017.6.「ジャガイモの思春期」
2017.5.「ちんかんせんはゆく」
2017.4.「ハッピー帽子がやって来た!」
2017.3.「クモさん、おみそれしました」
2017.2.「ちいさいコンサート」
2017.1.「木に」
2016.12.「ほどほどの魅力」
2016.11.「声に包まれるんだなっし〜」
2016.10.「ばいばーい」
2016.09.「ボタンの箱」
2016.07.「とけちゃうよ」
2016.06.「新しいわたし」
2016.05.「お金って、いいな」
2016.04.「いもうとよ」
2016.03.「地上の楽園」
2016.01.「ちいさきことに」
2015.12.「あなたの声に生きるよろこび」
2015.11.「歌ごえ喫茶に」
2015.10.「決まってる?」
2015.09.「いのちのたび」
2015.08.「どうでもいいけど、どうにかしての巻」
2015.07.「声のびのび」
2015.06.「やわらかな場所」
2015.05.「はじめましてのいろいろ」
2015.03.「患者の行進」
2015.01.「読みあいファミリー」
2014.12.「ドラマチック商店街」
2014.11.「どっこい、ジャガイモは生きていた」
2014.10.「あぶらかたぶら」
2014.09.「待っててね。待ってるよ!」
2014.07.「あそびましょ」
2014.06.「羽は折りません」

2014.01. 2014.02. 2014.03. 2014.04. 2014.05.
2013.07. 2013.09. 2013.10. 2013.11. 2013.12.
2013.02. 2013.03. 2013.04. 2013.05. 2013.06.
2012.09. 2012.10. 2012.11. 2012.12. 2013.01.
2012.03. 2012.04. 2012.05. 2012.06. 2012.07.
2011.10. 2011.11. 2011.12. 2012.01. 2012.02.
2011.04. 2011.05. 2011.06. 2011.07. 2011.09.













村中李衣(むらなか・りえ)

児童文学作家
ノートルダム清心女子大学教授

絵本や児童文学を創作したり、
いろんなひとの絵本の読みあいも
20年以上続けている。


*** 著書 ***
『チャーシューの月』『行け!シュバットマン』(福音館書店)
『うんこ日記』(BL出版)
『子どもと絵本を読みあう』(ぶどう社)


読みあいについてはこちらをごらんください。













一つ前のページに戻る TOPに戻る